スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
にほんブログ村
↑↑ポチッとしてください(^-^)↑ ↑






村中のご予約は北九州市小倉北区魚町
TEL  093-522-1331(お問い合わせ番号)
TEL  050-1449-8013(ご予約はコチラ)
美容室sessa
Instagram
インスタも覗いてみてください。

求めるものは?~カウセリングの重要性~

昨日の内容完全消滅事件から:(´◦ω◦`):



僕なりのビビり毛に対するアプローチです。



まず、基本的に切る。無理はしない。徹底したカウセリングが大前提。




それを踏まえて。




お客様が切りたくないと言われたら。可能性があるならキッチリと薬剤をつけて自分のできる仕事をします。




自分の中で修正と言うより補整と考えています。



理由は髪の毛は治せないから。


修正とか補修という言い回しはお客様に過度な期待を与えてしまうし気がするので。



補整するという言い回しはお客様はもとより自分自身にも言い聞かせています


ACCを使う事はなにかを足し整えている考えだからです。



お客様とのカウセリングの際必ず軽くでもいいからブローをしていただくお話をします。



整えるとは僕の中でインバス及びアウトバスのノリを少しでも良くし現状よりスタイリングしやすくなおかつ、お客様自身のブローで整える事が出来るベースを作る、環境を整える考えだからです。毛一本一本を考えてではなくスタイルとしてダメージで収集がつかなかったものが収まりまとまれば良いんじゃないかなと考えています。






この昨日の方もまとまらず。スタイリングにかなり多めのオイルで無理矢理収めていたらしく完全に負の連鎖に入っていました。






僕にはこれが限界です。仕上がりはブローをされる方なので軽くブラシをいれました。


このあとどうしてもオイルつけたいとのことでしたので。適切な量をレクチャーさせていただきました。


かなりカウセリングを含め施術時間かかりましたがお客様にも納得していただきました。


まぁビビり毛は治せないからっていう事を言いたいだけなんですけど笑笑


今回のはあくまで自論です。
スポンサーサイト

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
にほんブログ村
↑↑ポチッとしてください(^-^)↑ ↑






村中のご予約は北九州市小倉北区魚町
TEL  093-522-1331(お問い合わせ番号)
TEL  050-1449-8013(ご予約はコチラ)
美容室sessa
Instagram
インスタも覗いてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村中 勇太

Author:村中 勇太
小倉の魚町で美容室セッサの店長の村中です。

日頃はメガネをしているので少しイメージ違いますが。

このブログでは基本的に書きたいこと書きたいように書くのでもし、気になることがあればいつでも聞いて下さい。

文才が無いのでつまらない駄文が続きますが。どうぞ、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。