スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
にほんブログ村
↑↑ポチッとしてください(^-^)↑ ↑






村中のご予約は北九州市小倉北区魚町
TEL  093-522-1331(お問い合わせ番号)
TEL  050-1449-8013(ご予約はコチラ)
美容室sessa
Instagram
インスタも覗いてみてください。

髪の毛と水とダメージ~その2~


前回の続きで米粒のところの話をしていきます。




↑この図の米粒みたいなものです


この米粒たち水分についていえば保持に関係しています

それ以外にもかなり重要なところだけど今回は置いといて
・・・・・・・・・・・・・・・(っ^ω^)っ


健康な髪なら髪の中の水分だいたい12%くらいだとします


そのうち5%がしっかりと髪の中で保持されている水分で


200度くらいの熱までならだいたいとどまりつづけることができます。


なかなか逃げることがない。つまりはここに保持されている水分はかなり大切


それ以外の7%水分はドライヤーの熱とかで比較的簡単に離れます。



ん?


ドライヤー?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?



そうドライヤーで乾かした直後はだいたい10%くらいになります



ご安心を


人間の髪は良くできて12%にもどるように空気中の水分を吸収して12%くらいに保ちます。吸いすぎる事は無いんです。


ちなみシャンプーしてスグの水分はマックスで30%くらいですね。


あくまで健康な髪ならですよ。



ここまでのお話は





上が健康な米粒

赤がダメージ米粒





ダメージした髪の中でこんな風に分布すると


赤の水分保持力はかなり低下しているので


そして髪の毛が穴だらけになり水は入り放題。


結果、シャンプーして濡れると水分を吸い過ぎて乾きにくく、水分保持力はなくなって乾くと一気にバサバサになる。


赤い米粒たちに何が起きているのか次回に詳しく書きたいと思います(´∀`σ)σ
スポンサーサイト

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
にほんブログ村
↑↑ポチッとしてください(^-^)↑ ↑






村中のご予約は北九州市小倉北区魚町
TEL  093-522-1331(お問い合わせ番号)
TEL  050-1449-8013(ご予約はコチラ)
美容室sessa
Instagram
インスタも覗いてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村中 勇太

Author:村中 勇太
小倉の魚町で美容室セッサの店長の村中です。

日頃はメガネをしているので少しイメージ違いますが。

このブログでは基本的に書きたいこと書きたいように書くのでもし、気になることがあればいつでも聞いて下さい。

文才が無いのでつまらない駄文が続きますが。どうぞ、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。